湯めぐりレポをウェブ検索してみると秘湯や共同浴場などの日帰りのレポは数多くあるんですが、泊まりがけのレポはそう多くはないですね。
自分は主に東北各地の温泉宿に月1~2回のペースで泊まりあるいています。

2022年07月

南三陸 ホテル観洋(3)

さて、食事篇です。
20220703_211153997_iOS
場所はオーシャンビューの食事処レストラン「シーサイド」にて(^^♪
魚を全国に出荷している(株)阿部長商店(ホテル観洋本社)から
毎日入荷する新鮮な魚を料理し、そのままお膳に出しているそうです。





IMG_6149
献立表です。






20220703_211153946_iOS
最初に並んだお膳。



後出しのお料理を。
IMG_6150


IMG_6151


IMG_6152


IMG_6156


IMG_6157
以上、デザートまで。









IMG_6158
翌朝は6階コンベンションホール「羽衣」にてバイキング形式。




IMG_6166
マイプレートはこんな感じに。





IMG_6169

IMG_6170
食後は海を眺めながらコーヒーブレイク。








20220703_082411192_iOS
お世話になりました。
また、いつか海を見に来てみたい宿ですね。


南三陸 ホテル観洋さんの楽天トラベル宿情報
南三陸ホテル観洋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


南三陸 ホテル観洋(2)

IMG_6125
テレビは32インチ。BS放送も映りました。






IMG_6130
キーとお茶請け。




IMG_6124
広縁の様子。




IMG_6128
空の冷蔵庫。






IMG_6134
洗面所。




IMG_6133
トイレは温水洗浄便座。




IMG_6135
使いませんでしたがユニットバスも。




IMG_6145
大浴場は2階と4階。
南三陸温泉の露天風呂は2階に。
中は撮影禁止なので悪しからず。
太平洋を望むロケーションは抜群でした。





温泉分析表。
IMG_6147
残念ながら露天風呂のみ。
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性中性冷鉱泉
(含塩化土類-食塩泉)

食塩泉なので微かに塩の匂いあり、濁りはほとんどなく無色、温まりの湯でした。
次回は食事篇です。

南三陸 ホテル観洋さんの楽天トラベル宿情報
南三陸ホテル観洋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


南三陸 ホテル観洋(1)

今回は三陸へ。
20220703_211153855_iOS



IMG_6113
太平洋を望む露天風呂が自慢の宿、「南三陸ホテル観洋」さんへ。




IMG_6114


IMG_6115
ロビーの様子。






IMG_6137
お世話になったお部屋は東館の9階。






IMG_6119

IMG_6139
広縁からは太平洋~志津川湾を一望できます(^^)/






20220703_212610455_iOS
朝はウミネコさんのモーニングコールも(^^♪

南三陸 ホテル観洋さんの楽天トラベル宿情報
南三陸ホテル観洋さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


東鳴子温泉 久田旅館(4)

さて、食事篇です。
IMG_6086
まずは夕食です。





IMG_6088
ボリューム満点。
もちろん美味しかったです。






IMG_6105



IMG_6107
翌朝の朝食はこんな感じ。







IMG_6109
お世話になりました。
田園風景に囲まれた素朴なお宿ですが、2種類の自家源泉と美味しい食事で癒されました。


久田旅館さんの楽天トラベル宿情報
久田旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


東鳴子温泉 久田旅館(3)

IMG_6092
女湯側をご紹介(カミサン撮影)。
日帰り湯用に鍵付きロッカーあり。






IMG_6093

IMG_6094
脱衣所。






IMG_6096
窓が2面あり明るく開放的な内湯。
男湯と基本左右対称な感じ。






IMG_6102
内湯は黄褐色「純重曹泉」。









IMG_6097
露天はこんな感じ。







IMG_6099
湯口からはしっかりとした硫化水素臭。






IMG_6071
内湯側の温泉分析表。
源泉名 久田2号
泉質 ナトリウムー炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉
(旧泉質名 純重曹泉)

泉温 56.5℃ 使用位置 男湯側47.1℃ 女湯側44.1℃
メタケイ酸 236.5


IMG_6070
露天側の温泉分析表。
源泉名 久田1号
泉質 含硫黄ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉
(旧泉質名 含食塩重曹ー硫黄泉)

泉温 67.1℃ 使用位置 男湯側50.2℃ 女湯側50.3℃
メタケイ酸 111.7




久田旅館さんの楽天トラベル宿情報
久田旅館さんのじゃらんnet宿情報

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
じゃらん
楽天トラベル
インズウェブ
インズウェブ自動車保険一括見積もり
ガリバー
楽天トラベル
楽天
楽天市場
楽天車検
楽天ビューティー
JTB
日本旅行
ゆこゆこ
一休.com
トクー!
JAL
YAHOO!トラベル
YAHOO!ショピング
たびらいレンタカー予約
ホットペッパービューティー
ホットペッパーグルメ
くまポン
KINGSOFT
ECカレント
ふるなび
フジテレビフラワーネット
LENOVO
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
  • 南三陸 ホテル観洋(3)
楽天市場
  • ライブドアブログ